会員規約

定義
第1条
本規約によって定める事項は、田中健介ファンクラブ(以下「当会」という)と業務受託先が運営する全てのサービス(以下「本サービス」という)に適用されるものとします。
目的
第2条
本サービスは、田中健介の活動を応援することを目的とします。
会員制度
第3条
  1. 本サービスは会員制とします。
  2. 本規約において、会員とは、日本国内に居住する個人で、本規約の内容を承諾の上、当社が別途定める方法にて当会への入会申込を行い、当社が入会を承認した者をいいます。
  3. 本サービスは会員の種類を設定又は廃止する事があります。
入会
第4条
本サービスの入会資格は、以下の通りとします。
  1. 当会は、別途当会が定める方法にて入会申込を受け付け、必要な審査・手続等を経た後に入会を承認します。
  2. 未成年者は、入会申込にあたり親権者の承諾を得なければならないものとし、入会申込をした時点で、親権者の承諾を得たものとみなします。
  3. 当会は、当会への入会申込を行った者が次のいずれかに該当すると判断した場合、当会への入会を承認しない場合があります。
    (1) 入会申込の内容に、虚偽の記載、誤記、記入漏れ等がある場合
    (2) 過去に当会の入会承認が取り消され、または除名処分とされたことがある場合
    (3) 過去に本規約第19条第1項各号に該当する行為を行った場合
    (4)その他、会員とすることが不適当な場合
  4. 当会は、入会承認後に会員が前項各号のいずれかに該当していることが判明した場合、会員に通知することにより、直ちにその会員登録を抹消し、当該会員資格を取り消すことができるものとします。
会員証
第5条
  1. 本サービスは会員に対し会員証を交付いたします。
  2. 会員証には必ず氏名を記載して頂くこととします。
  3. 会員は本サービスの利用に際し、会員証を提示しなければなりません。
  4. 会員証は、本人のみが使用する事ができ、本人以外の者は使用できません。
  5. 会員は、会員証を紛失した場合は速やかに当社に依頼し、再発行の手続きをとらな ければなりません。
    尚、再発行手数料が1,000円(消費税別)必要となります。
諸規則の順守
第6条
  1. 会員は、本規約、確認書及び本サービスが定める諸規則を順守しなければなりません。
  2. 本サービスの利用にあたっては、当会の指示に従わなければなりません。
本サービスの使用停止
第7条
本サービスは、以下の各条に該当する方のサービスを、サービス中であっても停止する事が出来ます。
(1)暴力団関係者
(2)本規約及び本サービスの諸規則を順守しない方
(3)酒気を帯び酩酊状態である方
(4)当会が不適当と認めた方
(5)その他本サービスを利用する事が困難と当会が認めた方
退会
第8条
  1. 会員が自己都合により本サービスを退会する場合は、当会所定の書面により、当会事務局に郵送する事で手続きを完了しなければなりません。
    尚、会員が死亡した場合でも、親族又はこれに準ずる方からの退会届が無い限り、退会扱いと なりません。
  2. 前項の手続き後、退会届に記載の退会日をもって退会とします。
  3. 会費、利用料等が未納の場合は、第1項の退会届の提出までに完納しなければなりません。
  4. 会費は、退会が年の途中であっても、これを全額支払わなければなりません。
  5. 会員が自己都合により会費を3カ月以上滞納した場合は、退会扱いとします。ただし滞納分については全額支払わなければなりません。
諸手続き
第9条
  1. 会員が入会申込書に記載した内容に変更があった場合は、速やかに変更手続きをしなければなりません。
  2. 当会より会員の住所宛てに通知する場合は、会員から届け出のあった最新の住所宛てに行い、当会は通知の未達等以後の責を負いません。
会員資格の停止及び除名
第10条
  1. 当会は会員が次の各号の一に該当するときは、当該会員の会員資格を一定期間停止又は除名し、本サービスの利用契約を解除する事が出来ます。
    (1)当会又は本サービスの名誉、信用を傷付けたとき
    (2)本規約その他会社の定めた諸規約に違反したとき
    (3)会費その他の債務を滞納し、会社からの催告に応じない時
    (4)当会に対し虚偽の申告をし、または重大な事実を隠匿した事が判明した時
    (5)本サービスの運営秩序を乱し、又は乱す恐れがあると会社が認めた時
    (6)他の会員に迷惑になる行為をしたと会社が認めた時
    (7)その他、会員としてふさわしくない言動があったと、会社が認めた時
    (8)本サービス入会後、暴力団等の反社会的勢力に関与したと会社が認めた時
  2. 前項による会員資格の停止又は除名を受けた会員は、その後会社の運営による全てのサービスを利用できないものとします。
資格喪失
第11条
会員は、次の場合にその資格を喪失します。
(1)退会
(2)死亡又は法人の解散
(3)除名
(4)運営上重大な理由により本サービスを閉鎖した場合
会員資格の譲渡
第12条
本サービスの会員資格は、本人限りとし、譲渡または相続その他の包括的な継承をする事が 出来ません。
入会金、会員証発行事務手数料、会費及び利用料
第13条
  1. 入会金及び会員証発行等事務手数料は、当会が別に定める金額とし、会員は入会時にこれを支 払わなければなりません。入会金の有効期限は退会までとし、入会金及び会員証発行等事務 手数料は、理由の如何を問わずこれを返還しません。
  2. 会員は当会が別に定める金額の会費を、当会所定の方法で支払うものとし、入会申込書に記載の利用開始日後、既納の会費は理由の如何を問わず、これを返還しません。
  3. 会員は利用の有無に関わらず、退会月までの会費を支払わなければなりません。
  4. 当会は会員が本サービスを利用するにあたり、利用の都度別に定める金額の支払いを求める事が出来ます。
入会金、会員証発行事務手数料、会費及び利用料の改定
第14条
  1. 当会は、別に定める入会金、会員証発行等事務手数料、会費及び利用料等を改定する事が出来ます。この場合、入会金については、新たに入会する会員から適用します。
  2. 前項の改定を行う場合、会社は1か月前までに郵送にて全会員に告知するものとします。
  3. 会社はキャンペーンまたはイベント等の日程、期間及び内容につき事前に会員に告知する義務を負わないものとします。
休業
第15条
当会は、次の理由により、本サービスの全部又は一部を休業する事があります。
(1)気象、災害、その他やむを得ない理由等により、当会が営業を行う事が妥当でないと認めた時
(2)警報・注意報などにより当会が営業を行う事が妥当ではないと認めた時
(3)法令の制定、改廃、行政指導、社会経済情勢の著しい変化、その他やむを得ざる理由が発生した時
損害賠償責任
第16条
本サービスでは、会員本人又は第三者に生じた人的物的事故については、当会は一切の損害賠償 の責を負いません。
解散
第17条
  1. 当会は、やむを得ない理由による場合には、3ヵ月前の予告をする事により本サービスを解散すする事が出来ます。
  2. 解散の理由が天災地変、公権力の命令、強制その他不可効力である場合には、前項の予告期間を短縮する事が出来ます。
  3. 本サービス解散の場合、会社は会員に対し、特別の補償は行いません。
通知方法
第18条
本規約及び諸規則に関する変更通知又は予告は、本サービス所定のホームページに掲示する方法により行い、これにより、全ての会員はその予告を受けたものとみなします。
禁止事項
第19条
  1. 会員は、当会の利用に際し次の各号の行為を行ってはならないものとします。
    (1)当会を通じて入手した全てのデータ、情報、文章、音、映像、イラスト等について、著作権法で認められた範囲を超えて、複製、販売、出版、送信可能化等のために利用する行為。
    (2) 当会または田中健介を誹謗中傷し、その名誉または信用を毀損する行為、またはその恐れが ある行為。
    (3)前二号に定めるものの他、当会または田中健介その他の第三者の一切の権利、利益を侵害する行為。
    (4) 当会または田中健介を誹謗中傷し、その名誉または信用を毀損する行為、またはその恐れがある行為。
    (5)田中健介に連絡や面会を強要する行為、または当会に田中健介への連絡や面会を申し入れる行為。
    (6)当会及び本サービスを利用して、自己または第三者の営利を目的とする行為、及びその準備を目的とする行為。
    (7)当会を利用した選挙の事前活動、選挙運動またはこれらに類似する行為及び公職選挙法に抵触する行為。
    (8)当会を利用した宗教の宣伝を含む宗教的行為、及び宗教団体の設立、活動、宗教団体への加入等宗教上の結社に関する行為。
    (9)前各号の他、本規約、法令又は公序良俗に違反する行為または当会の運営を妨害する行為。
  2. 会員が前項各号のいずれかに該当する行為を行った場合、当社は、会員に通知することによ り、直ちにその会員登録を抹消し、当該会員資格を取り消すことができるものとします。
本規約その他の諸規則の改正
第20条
当会は、本規約、細則、利用規定、その他本サービスの運営・管理に関する事項を改定する事ができます。
また、その効力は全ての会員に適用されます。
発効
第21条
本規約は、2013年9月1日より発効します。